企業向けカーリース

Pocket

 日本の企業において、日常の業務に欠かせない物として車があります。
一般的な企業では、財務状況の良い企業は別として、カーリースを利用しているという企業は多いようです。
ここでは、企業管理者の方で、これからカーリースを借りる、もしくは台数を増やしたい方などに向けて、法人向けカーリースのメリットや契約までの流れなどご紹介したいと思います。

◆法人向けカーリースのメリット
◇財務・経理的メリット
➀多額な一時払いの負担軽減
 カーリースとは、基本的に月々定額の支払いで使用できるシステムです。
所有せずに使用することで、資金の固定化を防ぎ、余った資金を有効に活用できます。
また、固定資産、借入金の増加や流動資産の減少などを抑えることが可能です。
➁リース料は経費扱いになる
 毎月のリース料は、税法上全額必要経費扱いとなります。
➂車両の導入or売却の計画が容易になる
 カーリースなら「リース料+燃料代+駐車場代」のみなので、車両コストが簡単に把握でき、導入及び売却の計画が容易になります。
➃税金や保険などの面倒な手続きが不要になる
 カーリースでは、車両を保有する場合に必要な税・保険の支払いを代行してくれます。
◇その他のメリット
➄車両の稼働率が上がります
 保守サービスが定期的に実施され、より安全により効率よく車両を利用できます。
➅もしもの事故にも迅速に対応してくれる
 万一の事故にもリース会社の専門スタッフが迅速・的確に対応し、示談・保険手続などの手続をしてくれます。

◆カーリースの契約までの流れ
法人向けカーリースの契約・納車までの流れは、基本的に以下の通りです。
➀希望車種決定 → ➁見積プランの確認 → ➂審査 → ➃ 契約
→ ➄車庫証明 → ➅登録・納車  

ご紹介したように、カーリースを借りることで、財務的・経理的に様々なメリットがあることはご理解して頂けたと思います。また、税・保険などの面倒な手続きが必要なく、万一の事故に対しても安心してご利用できるシステムになっています。